AGA治療薬プロペシアの副作用について解説

AGA治療薬で効果的とされるプロペシアには次の副作用があります。まず、良く知られている副作用としては精力の減退や勃起不全などの男性機能障害がありますが、これは有効成分であるフィナステリドを含まない偽薬との比較実験で発生率がほぼ同じであり、プラセボ効果によるものと分かっています。ただし、このフィナステリドがプロペシアの5倍も含まれている薬では前述の症状の発生率が上がっています。このことから、AGA治療に使用する場合のフィナステリドは1日1mgまでという用法を守り、過剰な利用をしなければ安全であると考えられます。

 

 

 

 

次に初期脱毛と呼ばれる症状があります。これはプロペシアを服用してからしばらくして急に抜け毛が増えるもので、症状が出る人と出ない人がいます。これは実際には副作用ではなく、ヘアサイクルが正常化することで古い毛が押し出されて起きるものであり、一時的なものです。この症状が起きない場合、プロペシアが効かない体質の可能性もあるため、遺伝子検査などで確認すると良いです。

 

 

 

 

AGA治療薬であるため、女性の薄毛治療には効果がほとんどないとされています。また、ホルモンバランスに影響するため、ホルモンの安定していない未成年の使用は男性でも厳禁です。妊婦や授乳中の女性は胎児や子供に影響するため、薬に触れることも禁忌とされています。薬は肝臓で処理されるため負担がかかり、肝臓が弱い人が利用して肝疾患になったケースもあります。健康な人は気にする必要はありませんが、肝機能に異常がある場合は医師に相談した方が良いです。