AGA治療で効果的なのはどの部分?

AGA治療は、プロペシアという内服薬の処方が中心で、原因物質DHTの生産を抑制する事が目的です。DHTとは、男性ホルモンのテストステロンが額から頭頂部にかけての毛根に存在している5α還元酵素によって変換された事で作りだされる物質です。この部分の毛乳頭レセプターと結合する事により、皮脂の分泌を過剰に促進し、毛周期を狂わせるという働きを行います。

 

 

 

毛周期が狂わされる事により、通常であれば数年間成長を継続する頭髪が、短期間で寿命を迎えて抜けてしまいます。また、再生されるまでに時間がかかる様になるので、頭皮の露出が目立つようになります。具体的にどの部分かというと、額から頭頂部にかけてです。つまり、M字型やO型と呼ばれているのは、AGAの典型的な状態です。

 

 

 

AGA治療薬のプロペシアは、5α還元酵素の運動を阻害する事により、DHTの生産を抑制する作用があります。皮脂の分泌と毛周期が回復する事により、頭髪が健やかに成長する状態へと戻ります。効果的なのはどの部分かと言えば、額から頭頂部にかけてです。

 

 

 

AGA治療は、どの部分に効果的であるのかを事前に予測する事が出来ます。それは、5α還元酵素は2種類存在しており、プロペシアが作用するのは1種類のみだからです。頭髪や頭皮に効果的な成分は配合されていないので、他の部分が改善される事はありません。AGA治療に特化した内容の内服薬であり、高確率で改善を期待する事が出来ます。