AGA治療の費用を抑えることができるジェネリック医薬品

AGA治療で使われているのは、プロペシアです。医師の診察を受けると、プロペシアを処方されて毎日飲み続けることになります。プロペシアの効果が現われるまでには、数ヶ月の期間が必要です。この間の飲み続けないと効果は現われないので、処方されたプロペシアがなくなるたびに、医師の診察を受けて薬を手に入れなければいけません。

 

 

 

 

プロペシアなどのAGA治療薬は、保険が適用される薬ではありません。そのため、医師の診察を受けてプロペシアを処方してもらうと、全額自己負担になります。この金銭的な負担が大きいことが、AGA治療のハードルが高い理由です。プロペシア1ヶ月分で1万円前後になるので、気軽にAGA治療を始めることはできません。しかし、AGA専門病院治療で負担になるプロペシアなどの薬代は、医薬品の個人輸入を利用することによって抑えることができます。

 

 

 

 

海外には、格安で同じ効果があるプロペシアのジェネリックが販売されています。ジェネリックは日本では認められていないので、国内では購入できません。ですが、個人輸入をすれば、医師の処方箋なしに個人が使っても良いのです。医薬品の個人輸入は代行してくれる業者があるので、利用してみると良いでしょう。

 

 

 

 

ジェネリックなら薬代を半分以下に抑えることができるので、AGA治療が身近になります。個人輸入の代行業者は慎重に選ぶ必要はありますが、AGA治療をする人にとっては頼りになる業者です。