脱毛予防し発毛を促進させるAGA治療を受けるには

AGA治療では脱毛を予防するフィナステリドや発毛を促進するミノキシジルが主に使用されています。フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンが脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変化するのを抑え脱毛を予防します。ミノキシジルは頭皮下の血流を良くし、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素を毛母細胞に届けて活性化、発毛を促進します。

 

 

 

フィナステリドは内服薬、ミノキシジルは外用薬として使用されています。どちらもアメリカ食品医薬品局(FDA)にAGA治療に効果があると認められた成分です。脱毛を予防したいときにはフィナステリド、発毛を促進したいときはミノキシジルと使い分けしたり、併用することが可能です。一般の病院ではフィナステリド錠のみのAGA治療が行われていますので、脱毛の予防は期待できますが現状維持的な治療に限られます。

 

 

 

ミノキシジル外用薬も併用して発毛を促進させたい方はAGA専門クリニックでAGA治療を受けられた方が良いです。AGA専門クリニックではフィナステリドやミノキシジルを使用したAGA治療の他にも育毛メソセラピーなどにも取り組んでいる事が多いです。フィナステリド錠は医師から処方を受けて服用する医薬品で一般のドラッグストアなどでは販売されていないです。

 

 

 

ミノキシジル外用薬は一般のドラッグストアや通販でも簡単に購入することが可能です。ミノキシジル濃度を高くすると効果も上がりますが副作用が起こる可能性も高くなるので、一般に市販されている男性用育毛剤にはミノキシジル濃度5%が良く使用されています。